晴れは晴れなりに雨は雨なりに

地元 滋賀県の情報発信と、旅で出会った出来事や風景や My Gardenの四季の彩を気ままに。

今年も雪国!!


またもや雪が降り積みました。d(-,- )今年も、です。

20180126010145713.jpg

20180126010140274.jpg

土日が暖かで機嫌よくウロウロしていました。
週明けから冷え込みが厳しくなるとの予報を受け、一応対策は
していたものの、一昨夕から降り始めた雪で、世間は アッと言う
間に白銀の世界に。

20180126011443121.jpg


翌朝 起き抜けに外を見たらば、門が半分埋まってて(笑)
ご近所は、すでに早朝から動いてくれたらしく、我が家の門の前
までは 概に退けてくれていたので、急いで 玄関アプローチの雪
だけ退かしました。

アリガタヤ アリガタヤ。

翌日も、時折太陽が顔を出すけれど、ハラハラと舞う雪は止まず。
パウダースノーって言うの?
サラサラの軽い雪。

2018012601013938a.jpg

2018012601013475d.jpg


以前、近畿南部に住んでいた頃に、北海道の友人が「ママさんダンプで
ササっと退かしたからね〜」とか話していたので、「何のこっちゃ?」と
聞いたら、写メを送ってくれた。

雪掻き用の、スコップと言うよりも、楽に雪を掻いて運べる・・
なるほど、人の手でするから「ママさんダンプ」ね?
確かにd(^0^ )

と 言うモノを知ったのです。

大阪のホームセンターでは 見かけた事が(あったのかも知れないけど)
なかったけれど、こちら(滋賀県)では、探すまでもなく ホームセンターに
普通に置いてあった(笑)

ご近所が、軽くて平たく四角い大きなプラスチックのスコップでワッセワッセと
退かしている中、ゴロゴロゴロ、ドシャッ、ガラガラガラ、ドシャッ!

一人だけラクしてるみたいな?
ちょっと優越感 (安っぽ) (^□^)カカカ


購入していたのが大いに役立ってくれて(当たり前だ)、何だか雪かきも
楽しいな(北部の方、ごめんなさい)とか思ったり。

ついさっき、外を見てきたら、お星さまがキラキラ。

キンと張り詰めた冷たい空気は 刺すように透き通っていて、星の輝きは
いつにも増して美しく、雪に反射する月灯りすら 青い。

私が冬を好きな所以でもある。

明日は晴れますように(^人^)
雪掻きしないで済みますように(^人^) ← それかぃ!

.:*・※・*.。. ☆.。.:*。.:*・※・*.。. ☆.。.:

こちらのコメント欄がわかりにくい場合や、
ブログ更新のない時のコメントは ↓↓ どうぞ。
別館★わいわい話そ!楽しく話そ!

.:*・※・*.。. ☆.。.:*。.:*・※・*.。. ☆.。.:

いつもお越し頂き有難うございます(*^^*)
ランキング参加しています♪
お気に召していただけたら 一回ポチっとよろしくお願いしますm(__)m



京都 山城の道の駅「村」

土日は晴れ間も見えて暖かだったのですが、昨夜あたりから、とてもとても冷えてきました。
夕方 小雨が雪に変わり、庭まで引き込んでいた車が、あっという間に真っ白。

タブレットの警報が鳴り、雪雲襲来との事。
関東の方では既に積もっているとの話も聞き、明日 最寄りの警察署まで免許更新に行かないといけないのに、ちょっと心配。

だけど、行く♪d(^0^ )

朝10時って言うと、お布団に包まって出たくない時間だけど、仕方がないですねぇ(- -;)

日曜日、近辺をウロついて、久々に京都木津から三重県伊賀市へ抜けるR163沿いの途中にある 「山城」へと出向いてみたらば、少し前まで道路拡張工事が進められていたのが、長いトンネルを抜いて 見事完成されていて、今まではお店も何もなかった道沿いに、綺麗な「道の駅」ができていました。

京都 山城の道の駅「村」

この辺りは、山城村といわれた地だそうで、道の駅もそのまんま
「村」d(-,- )
日曜日ということもあってか、人や車が多く、芝生広場では小さな子供と遊ぶパパやママが目につきました。

綺麗な和風の佇まいのお食事処に入ってみた。
イチ押しと書かれた地元食材を丁寧に仕上げた「村定食」¥1,200は、既に売り切れ御礼のプリントが貼られ、定番の「村カレー」を注文した。

オススメメニュー

カレーは たまに外すことがあっても まぁ辛抱して食べれる、という事で、初めてのお店ではシンプルなカレーを注文するクセが(笑)

辛さを好まれる方用に、注文時にスパイスの要否を問われますが、一応注文しておいた方が良いかも。

一般的に、辛いものが苦手な人も食べられるようにとの配慮からか、物足りなくはないが 辛さが少ないと思った。
私は もちろん、スパイスを調整して入れると 「うん!美味しい!」となるのですが(笑)

しっかりと煮込まれていて、粉感や香辛料のクセを感じず、又 山城産のほうじ茶で炊かれたご飯と共に 美味しく頂けました。

サラダやご飯の上に乗っている細い茶色いのは、食感や味が不思議で聞いてみたところ、薄切りポテトを千切りにして揚げたものだそうで、シャクっとした食感が もやしによく合います。

村カレーと店内

店内は真新しくて、特に椅子の背もたれ部分の右側が少し長い。
きっとバッグなどを掛けるのだろうと思っていたら、荷物を足元に置けるようにバスケットを持ってきてくれた。

後で店員さんに聞いたら、「お茶の産地 山城ですから、茶柱をイメージしています」との事。
なるほど〜縁起物ですねぇ? さすが、京都。

もちろん、荷物をかけても良いとの事でした。

帰途には空模様が悪くなり始め、雲間からの光芒を追いかけてみたり(笑)
光芒 

ちょっと新しい発見をしたような気がする1日でした(^-^)b


明けました。そして 思う事

201801100242068ba.jpg

20180110024204dba.jpg 

大きな声では言えませんが、小さな声では聞こえない為d(^_^ )
何事も中位で・・

と、
学生時代の成績も運動会の駆けっこも、みーーんな中くらいのσ(ё,ё )でした。
兄弟たちはなかなか良く出来たらしいのに、私ったらば そこから落ちもせず上がりもせず、中くらい〜で無事に卒業。

親に勉強しろと言われた事はなく、たまに 課題が多くて遅くまで部屋に明かりが点いていようものなら、心配して「そんなに根を詰めないで、早めに寝なさいよ」と言われたくらいの記憶しかない。

その課題も、自分が興味を持った物しかしないという、何ともd(-,- )
よく言えば マイペース、
悪く言えば ワガママ 凝り性 飽き性 ヤル気なし・・・

そんなでも、大人にはなれるものらしく、何ら性格に変化のないまま歳を重ねる事暫し(笑) 今に至る。

こう言うの、人間的に成長がない!と言うのらしく、、、

自分的には一向に構わないのだけれど。

20180110024209d26.jpg 

人並みに仕事もしたし、恋愛したし、結婚したし、人並みに子供も産んだ。
産めば ジッと見ているだけで勝手に育った、、ような感じで。
大きくなった子供は、私よりもずっと大人らしい(「らしくない」「らしい」どっちかというと「らしい」らしい)

そんな私が、子育ても終わった今頃になって 節々に両親の言葉を思い出す。

201801100242023a3.jpg 

歳  取ったのかな〜

と  いう問題ではなく、

親思う心に勝る親心・・

親孝行、したい時には親はなく・・

その身は無くとも、いつも私の心の中に生きていて、力をもらったり 教えられたりしている。

これが「子育て」というものか。
多分、いや きっと、私の命を全うする瞬間まで、教え  育て続けられるのだろうな。

親の有り難さ、身に沁みますねぇ。

そこで d(-,- )
私は、親になっているだろうか。と、
フと思った。

それは きっと、
子供が私の年になった時に  わかるのかも知れない。

生命も、想いも、
廻るから、面白いんだな。

2018011002415931d.jpg 

まぁ、
とりあえず、今日の分
寝なきゃ。(笑)
午後から用事があるんだった。

おやすみ〜〜♪♪    _(_ _)_Zzzz......


そういえば!d(^_^o)

2017.12.03 関・観音山 a

2017.12.03 関・観音山 d

↑ (2017.12.03 撮)

ーーーーーーーーーーーーーーー
養老のクネクネ道のページで、次回予告(関の裏山の紅葉)したままで、すっかりupが遅れていましたm(_ _)m

今期に入って すでに雪降り二回、積もり一回の我が家方面で、

ハイ! 紅葉♪

でも ないとは思いますが(@_@;) 備忘録という事で。

数年前の秋、関の宿方面を通って、宿場町関の地蔵堂をパチリとしたのですが、その折に 背後の観音山(登山道やロッヂなどがある)を少々散策してみたのです。

車一台分の幅の散策路、もしかしたら「遊歩道かな?でも立ち入り禁止の看板もなかったし」と思いつつ、トロトロ。
一度も人や車と出会わずに、ユックリと撮影しながら登ったのです。

早朝のヒンヤリとした空気の中で 冬に向かう葉の落ちた木の枝を抜けてくる光と、寄り添うように一本の紅葉した木、少しカーブした道。
そのずっと先に、ロッジと吊り橋のかかった池。
ーーーーーー
後でわかった事だが、ロッヂは関の宿から登ってクルンと回って降りた所「中腹くらい」にあり、反対側からだと容易に行ける場所だったのです(爆)
ーーーーーー

夜明けたばかりの冷たい空気と光との温度差で、水面にモヤがかかった池は、静かで優しくて見飽きない美しい風景であった事が 深く心に残っていました。

今回もそこへと向かったのですが、そこから登るルートは、車では入れなくなっていて、周辺は 登山道が綺麗に整備されなおされ、散策路やサイクリングロードになっていました。

あぁ、無常〜〜_(_ _)_バタッ
ーーーーーーーーーーーーーー

という事で〜〜
今回は、早朝ではなく、夕方(日没近く)でしたが、

なので! (文章なってない)
仕方なく、登り口付近の紅葉だけ撮りました。

モミジではなく、この真っ赤な葉は何と言っただろう、あの時調べたのに(×,×;)

2017.12.03 関・観音山 b


関は山間で、鈴鹿の麓に当たるため、日没は早い。
日が落ち始めたら、アッと言う間に真っ暗になる。

2017.12.03 関・観音山 c

2017.12.03 関・観音山 g


その寸前に、夕陽を浴びて輝く彩葉を見ることができたのは、これまた ラッキーというか、有難いことでしたd(^0^ )

自然って、

良いものですね〜〜♪ (⌒∇⌒)b


2017.12.03 関・観音山 e

ほな、又。

さいなら サイナラ さいならぁ〜〜〜

ーー今日の分、終わりーー


.:*・※・*.。. ☆.。.:*。.:*・※・*.。. ☆.。.:

こちらのコメント欄がわかりにくい場合や、
ブログ更新のない時のコメントは ↓↓ どうぞ。
別館★わいわい話そ!楽しく話そ!

.:*・※・*.。. ☆.。.:*。.:*・※・*.。. ☆.。.:

いつもお越し頂き有難うございます(*^^*)
ランキング参加しています♪
お気に召していただけたら 一回ポチっとよろしくお願いしますm(__)m


初詣というか

今年の初めは、越してきて間もなしで、初詣もちゃんとしなかったように思うので、今度はキチンとしようと思う。(思うだけで終わらないことを祈りつつ)

太郎坊さんは今の自宅に一番近いお宮さんだし、町内会から回ってきたお札購入も 迷わず此方に決めたくらいだから、お初お願いに伺わなければと思いつつ、今に至る訳で。。

写真サイトで逆さ太郎坊さんの写真を見っけ、その美しさに見惚れる中で、「そうだ!近いんだし 太郎坊さんの写真を撮ろう!」と 相成り(笑)

時すでに晩秋なるも〜♪(ジャンジャン!)

思い立ったが吉日とぉ〜♪(ジャンジャン!)

カメラひっ提げ!!

タンッ・タンッ・タタタタ〜 ε=ε=ε=(o^.^)o

ー(@.@)ー タンッ♪


車で10分(爆)←歩いていけ!

ちょうど まだ山全体に彩葉が残っているではないか!
逆さは、どこから・・と、アングル先を求めて 麓の民家の間を クルクルと池らしきもの探しても、

ナイ!(((@0@;)

池はどこへ行ったんや!


・・それもそのはず

…池は、 …池は、 …池はぁー!!

春の水田に水が入った時

だった 事に 気付く。そこで おもむろに 思ったのは、

紅葉の時期の逆さ太郎坊さんは、

無理!!!っつう事なのねん。

と、前置き長いが、そういう事で(どういう事だ!)
普通のアングル、どこででもよく見る「太郎坊さん」のお写真ザンスd(-,- )

横から(こちらが正面と思うが)は馬の背

2017.11末・太郎坊宮 a

に見えるが、正面(横か?)は、

2017.11末・太郎坊宮 b

まっ三角お見事♪d(^0^ )

この3日後に近辺を通った時は、すでに山は枯葉色に変わっていました。

ギリギリのを 見せていただけた事に、感謝m(_ _)m で ございます。

ちなみに この時は、お参りしてない( ̄、 ̄) ボソッ

2017.11末・太郎坊宮 c


.:*・※・*.。. ☆.。.:*。.:*・※・*.。. ☆.。.:

こちらのコメント欄がわかりにくい場合や、
ブログ更新のない時のコメントは ↓↓ どうぞ。

別館★わいわい話そ!楽しく話そ!

.:*・※・*.。. ☆.。.:*。.:*・※・*.。. ☆.。.:

いつもお越し頂き有難うございます(*^^*)
ランキング参加しています♪
お気に召していただけたら 一回ポチっとよろしくお願いしますm(__)m


« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

Profile

★凪@Nono

Author:★凪@Nono
旅が少ない時は、住居地の滋賀県と日頃のσ(ё,ё )情報を発信。
★何処へともなく出かけ、何処からともなく帰ってくる不思議の世界在住
★性格:ズバッと一言タイプ。
★好きなもの:秋・冬・雨・休暇の気まま旅(行く先を定めない為 基本は車中泊)
★興味を持たない事には超疎い。流行り知らない、面倒くさい。
★宵っ張り・寝起き最悪

徒然画像

足元の石ころにも興味を持ったらカメラを向けます。

決して上手な画像ではありませんm(__)m

最新記事

最新コメント・Re

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク欄

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

mailオンリーのやりとりは好みませんが、折に触れのご連絡はこちらからもどうぞ♪(*^^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

 ★ 放浪日記 (18)
 ★ my garden(四季の花) (16)
 ★ 徒然なるまま (68)
   未分類 (7)
紫陽花の毒 (1)
高野山 (1)
車中泊 (1)
怒っているんだぞ!な話 (1)
想い徒然:言の葉の章 (2)
梅雨明け 旅の空 永源寺ダム 恵美須池水鳥公園 滋賀 (1)
雪 (1)
自然 (3)

人気ページ

ランキング上位のページ

QRコード

QR

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん