晴れは晴れなりに雨は雨なりに

旅先で出会った出来事や風景やMy Gardenの四季の彩を気ままに。

思い立って 雨の中


休暇の気晴らしドライブといえば ここ大阪から手軽に走れるのは、奈良方面へ古代を訪ね歩くとか 和歌山の海沿いへと向かうのだが、先日 まだ台風前に、ほんの少しの所用の合間、「ここしばらく高野山方面へ向かってないな」と思い立ち、雨の中を強行。

一年ほど前までは とかく高野山への峠道は狭く 急坂 急カーブの連続であり、対向するのにも気が引けた。
その道ですらも古の人たちが通った道よりもかなり良いとはいえ、そこここの改善しかなされていなかったのだが、今回の1200年大法会を受けてか 世界遺産登録された故か、数年前から工事中であった道路が ごく一部を除いてどんどん完成していて、一年前に比べてうんと走りやすくなっていた。

工事関係者の方たち、有難うm(_ _)mご苦労様です。 一年ぶり(?もう少し前か)本当に走りやすくなったと思った。

高野山は、平安時代の初め 真言宗の開祖・空海(弘法大師)が開山し、今年でちょうど1200年目にあたる。
国内外問わず訪れる人は常に多いが、世界遺産に認定された事もあり一段と人の波が増えている。

境内は さすがに梅雨時期のこの雨、観光バス以外一般車や通りを歩く人が少ない。
写真は、四季四季に訪れては撮っているが、何度行ってもやっぱり撮ってしまう(笑)
今回は、172年ぶりに再建された中門壇上伽藍周辺を、少々。

<以下 画像はサムネイル画像につき、クリックで別画面開き 説明付きの大きなサイズで見られます。>

中門 正面

海外の団体(か?)か、バスから降りて自由行動している人の姿や、ガイドさんの後ろを傘の波が行く。異国語が頭の上を通り過ぎるのを待っては、パシャリ♪

金堂 正面

金堂 横から

蓮池から見る 中門

雨のせいか急ぎ足で過ぎ行く人の波が過ぎて シンと静まり返る瞬間もあり、境内にはクリクリ頭で墨染めの衣に白い袈裟架け・下駄履きの 時期僧(学生さん)たちが学舎に向かって歩く姿も見られるのは この場所ならではの風景d(^-^)

中門横から大塔を見る

以前の壇上伽藍には、金堂の正面手前の一段低い所に、当時の礎石のみを残していた中門跡、その奥側に金堂と根本大塔・高野四郎の鐘などが見えるのだが、昨日の訪高野では、りっぱな中門を見る事ができたのは嬉しかった。

蓮池側から見た中門

御影堂

国宝 不動堂

御影堂前から望む 東塔


さてさて ここから本題、

山内の中心ともなる壇上伽藍に建立されていた古代の中門は、相次ぐ天災により二度も消失するも、二度目の時は二天王(「持国天」と「多聞天」)の消失のみ免れ、その後は山内の塔に仮安置されていた。

その二天王、今回 172年ぶりの中門再建により、再び中門(表側)に安置された。
加えて、現在の大仏師によって新しく仕上げられた「広目天」「増長天」の二天王が新たに中門内側(金堂側)に安置され、中門には背中合わせに四天王が揃った事になる。

良質の国産ヒバ材で製作された広目天と増長天は、高さ4.3m、1体1t 程。
二王像

四天王は、持ち物には決まりがあるが、着衣や装飾に決まりは無く、その表現は仏師の想いそれぞれで違うのだとか。
今回の作については

※広目天は、胸元のアブラゼミ。
これは、蝉が音を遠くへ届ける生物であることから、『威嚇(いかく)の姿勢』を表現しているのだそうな。
※増長天は、胸元のオニヤンマ。
これはトンボがまっすぐ前に飛ぶ生物であることから、『退かない姿勢』を表現しているのだそうな。

四天王の役割は仏法守護(邪気を寄せ付けない事)
開創1200年を機に揃った中門の四天王は、大門の仁王像と共に、これからの長き時に渡って、この山と 訪れる人々を見護り続ける。


蓮池:善女竜王像と仏舎利を祀った祠への橋

蓮池の橋
先に来て橋の上で交互に写真を撮り合っていたロシア語の女性二人に、大阪のおばちゃんσ(ê,ê )は これしか知らないのかと思うほどの片言の英語(ほぼカタカナ語)と身振り手振りで、「お二人並んだ写真を撮りましょうか?」と言ったら、一瞬ロシア語が途絶えて わかりやすく流暢な英語に変わり、ドッと近づいてきて大喜びでスマホを渡された。

海外のスマホを始めて見た(爆)全部わからない文字で書かれていた(当たり前だ)。でも、扱い方は同じだった。(当たり前だ)
よく考えたら、ipad出して翻訳しながらすれば もっと色々と話せたんだった。残念!(-"-;)

その後、自分の分を撮る為にカメラを振り回していると、彼女達がアタフタと戻ってきた。
どうしたのかと思ったら、写真を撮る時にバッグを欄干の下においたままだったらしい(爆)
またまた お互いに大爆笑して、別れた。

撮:2015.07.09 雨天

ご無沙汰のお友達みなさまへ 8月初めに所用が完全に済みましたら 各々ご挨拶いたしますm(_ _)m
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

Profile

★凪@Nono

Author:★凪@Nono
★何処へともなく出かけ、何処からともなく帰ってくる不思議の世界在住
★性格:ズバッと一言タイプ。
★好きなもの:秋・冬・雨・休暇の気まま旅(行く先を定めない為 基本は車中泊)
★興味を持たない事には超疎い。流行り知らない、面倒くさい。
★宵っ張り・寝起き最悪

徒然画像

足元の石ころにも興味を持ったらカメラを向けます。

決して上手な画像ではありませんm(__)m

最新記事

最新コメント・Re

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク欄

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

mailオンリーのやりとりは好みませんが、折に触れのご連絡はこちらからもどうぞ♪(*^^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

 ★ 放浪日記 (17)
 ★ my garden(四季の花) (13)
 ★ 徒然なるまま (51)
   未分類 (5)
紫陽花の毒 (1)
高野山 (1)
車中泊 (1)
怒っているんだぞ!な話 (1)
想い徒然:言の葉の章 (1)
梅雨明け 旅の空 永源寺ダム 恵美須池水鳥公園 滋賀 (1)

人気ページ

ランキング上位のページ

QRコード

QR

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん