晴れは晴れなりに雨は雨なりに

旅先で出会った出来事や風景やMy Gardenの四季の彩を気ままに。

テレビ離れとサスペンス減少

岐阜県 木曽三川公園(揖斐川・長良川・木曽川が並んで流れている地点)付近

普段は、あまりテレビ等に興味がなく、私一人の時はスクリーンの埃が気になるほど テレビは点いてない。
世間で評判の良いドラマやバラエティでも、興味持てないことが多い。
ニュースなども、過度に着色されたりした情報には 疲れる。

せっかくの休暇、疲れるのは嫌だから。
自身が賑やかな方だから、せめて休暇くらい 周囲は静かなのが良い・・


でも・・テレビ、全然見ないわけでは無い(;^ ^)
ニュースも一応は 世間の情報としては見るし聞く。

気ままなもので、 何でも 別腹ってのがあって(爆笑)
そんな中の、サスペンスや時代劇や ノンフィクション系は、癒し〜〜♪σ(ё,ё )

別枠で 好き なのです!

日付的に時間的に、リアルタイムで見るのは無理なので、たいがいが録画!

DVDとか、借りたら返すのを忘れるから、

大概が! 録画

そのサスペンスや刑事物が、最近ではどのテレビ局でも新しく取り上げられなくなって、殆どが 他局で再放送されるものしかない。

それも 私のテレビ離れに拍車をかけている。

が、今 絶対に見る!的なドラマがある。いずれももう直ぐ終わると思うが。

「CRI○IS」「緊急取○室」「リバ○ス」 夜中放送している「女○セブン」

ストーリーも然る事ながら、キャスティングが気に入っている。

あぁ、面白いドラマは、早く終わるんだな〜(あくまでも自分的に) (^▽^;)

また 休暇のテレビ離れが・・・(@_@;)

木曽三川公園(揖斐川・長良川・木曽川が並んで流れている地点)付近

二枚の画像は、先日の通りすがりに撮ったもので、文章とは関係ありませんm(_ _)mゴメン
スポンサーサイト

そろそろ季節並みに

もう そろそろ冬物はしまうかな〜?d(^_^ )
朝夕もずいぶん暖かで、冷えるな と思う日も少なくなって来ました。

省エネ用に 窓に貼ったプチプチは、西陽の方向だけ剥がさずに、
風が入ると靡くように 部分的に切り取った。

西陽熱予防プチプチ

ハイビスカス三姉妹
芽も少しずつ成長して来て戸外へ配置待機中〜
今年は咲いてくれないかも(- -;)成長が遅いし。
でも・・ 元気でいてくれただけで嬉しい(;ヘ;)

芽が出たハイビスカス 待機中

テーブルクロスの代えが、引越しの荷ほどきしていない箱に入っていて
どこだかわからないから、使っていないカーテンを切った(@_@;)

テーブルクロス

玄関のプチプチも外して、上がり口に、夏用の手作りのれんを天井から
降ろし、全体に和風仕上げd(^_^ )これ、けっこう好きなんだな♪σ(^-^ )
前の家でもやってたし。

玄関目隠し暖簾

そして、最後は、カーペット
これは、夏用を買い求めなきゃいけないので、しばらくはこのままかも。

冬カーペット

GWには 息子達が 大阪北部から京都へ引っ越すらしく、手伝いは要らない
と言うけれど 放って置くわけにはいかないかなと、夫とともに 所用を調整
中〜d(-,- )

高速使ったら一時間かからないし、近くなったっちゃ 近くなった(笑)

あ〜〜 雨降りそう(((@_@;) 桜の頃から、雨が多いな。

紫陽花、買って植えようd(^_^ )そうだそうだ♪


。.:*・※・*.。. ☆.。.:*。.:*・※・*.。. ☆.。.:*

いつもお越し頂き有難うございます(*^^*)
ランキング参加しています♪
お気に召していただけたら ポチっとよろしくお願いしますm(__)m

春山淡冶にして笑うが如く


瑠璃唐草(オオイヌノフグリ)


・・春山淡冶にして笑うが如く・・

中国の山水画家:郭熙さん(友達ではない)は、画論『臥遊録』にて春の季をこう↑語られている。

うん・・d(-,- ) 身辺見回せば、つい昨日まで
葉を落とした枝先に 翌春の芽を育み、風雪冷雨から守らんと滔々と眠るように静まりかえる山々の、枝先は眠りから覚めて賑わしく、辺りは 薄色の空の下 微笑むが如く 彩りはじめ、まさに「山滴る」頃へと向かう一歩。

生命の芽吹き
まるで 科学の時間に見たスローモーションの生物の画像のような、未知の世界を見る時の少し早い鼓動と共に 蘇る。

季節一つ分 かけて育まれた新しい生命が誕生する刻、
古より繰り返されるその刻を、多分 人は、それが当たり前のように、眺め 過ごす事も多いのだろう。

シコンノボタン

あ、もう春か、、、!(◎_◎;)
・・そんな感じで。

自身も 多忙に追い回されている時は、大げさに言うと、季節が一つ終わった事も気づかずにいた。いや、二つかも知れない。
その年の桜を、見たかどうかも記憶になかった。(過去形)

negoro11m.jpg

「そういえば、えらい雨が降った時があったなぁ」(梅雨時通過)・・

そんなバタバタな時の己を 四季に重ねてみても、メリハリどころか は咲いたのか?と思うほど、大きな実りも見えない。
満足か?と言われれば、小首を傾げる。

百歩譲って 一つ成長した事は、
年を重ねて、少しだけ 回りを見回す穏やかさが持てるようになった事か?

いやいや・・((((~_~;))))
動作がトロくなったと言うだけかも知れない(苦笑)

でも、 でもだ!
人生のturning pointを とうに過ぎて、
「今からでも遅くはない!」
と 俄然 燃え始めている自分が居て、

唯々 笑える。

・・人生、一生 学びの連続!
学ぶことはどこにでもある。
焦らんと、死ぬまでユルユルと勉強していけばええ・・

兄と違って 成績が悪くて、勉強が嫌いで嫌いで、いつもいい加減だった私に、亡き婆さまが言った言葉。

伊吹山麓 三島池:水鳥

なるほどd(-,- ) コレか。
叱咤激励・ムチ打って・・では無く、ユ ル ユ ル と・・だ♪d(^0^ )

長いようで、短いようで、長いようで、、、
でも、ぜーーんぶ、私の人生だものね。
ちょっとスピード落として、みるかな d(^_^ )


.:*・※・*.。. ☆.。.:*。.:*・※・*.。. ☆.。.:*

いつもお越し頂き有難うございます(*^^*)
ランキングにワンプッシュして頂けたなら、私、飛んで喜びますm(_ _)m


ありがたや〜♪

数日前、夕食の準備していたら、チャイムがなった。
キッチンが忙しいので 夫に声かけて出てもらったら、お野菜をいっぱい抱えて戻って来た。

『こっち側のお隣のもう一個お隣の者ですが、お野菜いっぱい採ったので、どうぞ』って〜」
との事。
お大根やら白菜やら、たくさん頂いた♪

引っ越して来て丸5ヶ月。バタバタする私に代わって 引っ越しのご挨拶は夫が回ってくれたし、外出時は車だし 日頃は留守がち、自宅に居ても寝てたりと、なかなかご近所と出会わないせいもあり、今だにお顔すら覚えられない私。

なのに、雪かきの時なども気軽に話しかせて下さったり、すれ違ったらお辞儀をして下さる方、こうして頂きものをする事も多い。

声をかけて下さる時は 必ず、ご自宅を指差して「◯◯の◯◯です。こんにちは♪」って(笑)
多分、いつも私が不思議な顔をするもんだから、きっとわからないんだなと思って下さるのでしょう。
お手数かけて申し訳ないけど、 嬉しい♪(^▽^;)

早く覚えなければ、ね〜〜d(^0^ )

あ、その前に、お礼、何すれば良いかな〜(・・;)
どうしようかな、お好みもわからないし、う〜〜んσ(ё,ё )何しよ

。.:*・※・*.。. ☆.。.:*。.:*・※・*.。. ☆.。.:*

いつもお越し頂き有難うございます(*^^*)
ランキング参加しています♪
お気に召していただけたら ポチっとよろしくお願いしますm(__)m



伊吹山~琵琶湖へ


2/25(土)・26(日)は 良いお天気だったから、伊吹山の麓の三島池
逆さ伊吹を狙って行ってみた。

池の周囲、すでにカメラを据えて時を待つ人たちがアチコチに居て、
初めて来た私は とりあえず場所を探しにクルクルσ(^_^;)

伊吹山から吹き下ろす風が、この日は殊更強く、さざ波が山の姿を
消してしまって、なかなか治まってくれない。

この地
古事記にも記されている山岳信仰の古来より、修験道の山としての
厳しい山容を持ちながら、 四季の高山植物を育む母の胸ともなる、
標高1377m、その伊吹山の麓にある三島池

周囲約780m、面積3万9000㎡、
姉川の伏流水を利用して 農業用水池として造られた。
通常水位は80㎝(雨季で120㎝)。鳥獣や魚貝類の保護地区である。

三島池と水鳥

880年程前 平安末期、ある年の酷い旱魃で枯れ池となった三島池に、
田畑も干上がり農民が苦しんでいた折、時の領主 :近江源氏の祖
佐々木秀義
の 乳母であった比夜叉御前(ひやしゃごぜん)が 自ら
池に入り、機を織りながら埋まっていくと 池に水が溢れ出し、以後
八百有余年を経て、今だに どれほどの日照りにも枯れた事はないと
云われ、別名・比夜叉池と呼ばれるようになったのだとか。

現在も近辺の農地の灌漑用水として利用されている。

三島神社 正面鳥居

三島神社は、佐々木氏の氏神さまとして祀られ、その正面鳥居の横
には、比夜叉御前の葬いの墓碑と、池の由緒書きがある。

比夜叉御前の墓碑

そうしながら、待つこと待つこと (~_~;)
結局 揺れる水面は治まらず、↓画像は 再び翌日(26日)に出向き、
少し静かになった水面を撮ったもの。

三島池から伊吹山を望む

諦めて彦根に出て 湖岸をウロウロ。

なんと(@0@) 捨てる神あれば拾う神もあり♪とはよく言ったもので、湖岸
道路を走行中に、雲の隙間から降る幾筋もの光芒を見つけた♪

琵琶湖

エンジェルラダー(天使のはしご)

琵琶湖

私のコンデジではうまく捉えられないまでも、嬉々としてパチポチ。
美しい。

ゆるゆると温みを帯びた陽射しは すでに春心地♪
なのに、我が家から鈴鹿山脈越えで梅見に行こうとしたら、梅はまだ蕾。

途中の峠は、陽射しすら届かないのか、山も集落も深い雪の中。
雪掻きしている主婦の姿も見かける。
なんと(@0@)まだ数十センチの積雪で、真っ白だった。
積雪の石榑峠

.:*・※・*.。. ☆.。.:*。.:*・※・*.。. ☆.。.:*

いつもお越し頂き有難うございます(*^^*) 写真ランキングに参加しています♪
お気に召していただけたら ポチっとよろしくお願いしますm(__)m



 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

Profile

★凪@Nono

Author:★凪@Nono
★何処へともなく出かけ、何処からともなく帰ってくる不思議の世界在住
★性格:ズバッと一言タイプ。
★好きなもの:秋・冬・雨・休暇の気まま旅(行く先を定めない為 基本は車中泊)
★興味を持たない事には超疎い。流行り知らない、面倒くさい。
★宵っ張り・寝起き最悪

徒然画像

足元の石ころにも興味を持ったらカメラを向けます。

決して上手な画像ではありませんm(__)m

最新記事

最新コメント・Re

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク欄

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

mailオンリーのやりとりは好みませんが、折に触れのご連絡はこちらからもどうぞ♪(*^^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

 ★ 放浪日記 (17)
 ★ my garden(四季の花) (13)
 ★ 徒然なるまま (51)
   未分類 (5)
紫陽花の毒 (1)
高野山 (1)
車中泊 (1)
怒っているんだぞ!な話 (1)
想い徒然:言の葉の章 (1)
梅雨明け 旅の空 永源寺ダム 恵美須池水鳥公園 滋賀 (1)

人気ページ

ランキング上位のページ

QRコード

QR

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん